BLOG

2008.01.06

明けましておめでとうございます。

明けましておめでとうございます。


皆様、新年あけましておめでとうございます。
年末年始はゆっくり出来ましでしょうか?

私どもチャングは、本日4日より、営業致しております。

街はセールセールで大にぎわいですね。
しかしまだまだ冬休み中の方のほうが多いのでしょう、事務所のある、青山近辺はかなり空いています。

さて、今回は本のはなしをしたいと思います。

%E8%81%96%E3%81%AA%E3%82%8B_.jpg
まずは「聖なる予言」
あまりに有名過ぎて、今更、、、と思われるかも知れませんが、紹介させて下さい。
私がこの本に出会ったのは今から8年前。
良く意味が分からない上、話が「遠回り」すぎて「好きぢゃなーい」と思ったものでした。

しかしながら昨年末頃、再度なんとなく気になって、手に取った所、なんとまぁすごく良いじゃありませんか!

今となっては「気づく」人数も増え、「言葉」が通じる人たちが増えていることを実感します。
同じ日本語同士とは言え、魂レベルによって、通じる言語が異なりますよね。

まだ読まれてない方で、スピ系(スピリチュアル系)が苦手じゃない方、是非オススメします。

%E3%81%B2%E3%81%8D%E3%81%93%E3%82%82%E3%82%8A_.jpg
もう一つは、全く別のジャンルなのですが、昨年の高城剛さんの本で、
「ひきこもり国家 日本」

も、かなり素敵な(←という形容詞は多分合わないですが)本でした。
要所要所、個人的に賛成出来ない部分もありはしますが、それは人それぞれ考え方の違いですね。
全体的に着眼点ももちろんですが、読み手の事を考えた書き方といった部分でも、すごく分かり易く簡単な本で、ちょっと「世の中」を知りたい方には大変オススメです。「世の中そんなに甘くない」の「世の中」が少し垣間見れますよ。

%E3%81%95%E3%82%8B%E3%81%AE%E3%81%93%E3%81%97%E3%81%8B%E3%81%91_.jpg
01979710.jpg


私は結構、本が好きなので、いろいろ読みます。さくらももこさんの本も大好きですし、フランソワーズサガンも好き。
特に「熱い恋」と、「優しい関係」が好きです。
サガンの本は何故か邦題がきっついんで、手に取るのが恥ずかしいのですが、、、。「優しい関係」は是非映画化して欲しいとずっと思っています。

さくらさんのエッセイは、仕事で疲れた時とか、ぼーっとテレビを見たいようなとき、テレビをつける代わりに間違えて「さるのこしかけ」とか、読んじゃって下さい。ほんわかして、ゲラゲラ笑えて、平和が訪れますよ。

では、今年も沢山の素敵な出来事が、このブログを読んで頂いたあなたに、起こります様に。
そして人生に華をもたらす素晴しい本たちに出会えます様に、、、、、。
hasegawa

TRACKBACK URL

http://www.alexanderleechang.com/cms/mt-tb.cgi/14

COMMENTS

(受け付けたコメントはこのブログの管理者の承認が得られるまで公開されません。公開されるまでしばらくお待ちください。)